冬に近づき日に日に寒く感じるようになりました。 この時期、多くの女性がもつ悩みの一つが「冷え性」です。 手や足が冷たくなり、体温までも低いと言われます。 そのため、冷え性の女性は免疫力の低下や生理不順など様々な不調を抱えています。 さらに、代謝の悪さから太りやすい体質ともいえます。 そんな冷え性から脱出するために「温活」を始めてみてはいかがでしょうか?

温活とは?

温活とは字の通り温める活動。 体を温めて冷えを解消し、基礎体温を上げるための活動です。 冷え性だと感じている人は、自分の平熱がどのくらいか知っていますか? 36度前後の人は体温がとても低いと言えます。 理想は、36.5度~37度です。 基礎体温が1度上がるだけで、免疫力も上がります。 温活によって体温を上げることで、体の機能を高め健康を維持させることができるのです。 代謝も上がることで、美容やダイエットにも効果があります。

効果的な温活をするためには?

温活は体を温めることです。 ですから、さまざまな方法があります。

体を温める飲み物や食べ物

体を中から温めるには、飲み物や食べ物で摂ることが一番です。 食べ物には体を温める食材と、冷やす食材がありますから注意してください。 温めてくれる食材は、色が濃く水分が少ない冬の食材です。 (例えば、カボチャ・ニンジン・ショウガ・ゴボウなど) 冬の食材をうまく使って毎日の食事に取り入れてください。 ショウガは、紅茶などに入れて飲むと手軽に体を温めることができます。

温活グッズ

体の外から温めるには、カイロや腹巻などあったか用品を使うと便利です。 特に、お腹は臓器がたくさん集まる場所ですからしっかり温めましょう。 お腹が温まると血液の流れも良くなるため冷えの解消にもつながります。

入浴で温める

お風呂は、シャワーだけでなく湯船にしっかり浸かりましょう。 湯船に浸かることで、体の芯から温めることができます。 じんわり汗が出るくらいしっかり温まりましょう。

筋トレと有酸素運動

男性より女性の方が冷え性が多いのは筋肉量に関係があります。 体の熱を作っているのはほとんどが筋肉になります。 ですから体温を上げるためには筋肉をつければいいのです。 筋肉をつけるための筋トレと、有酸素運動になるウォーキングを続けることが効果的です。 代謝もよくなり体も温まりダイエットにも効果があります。 冷えから体を守る「温活」で寒い冬も健康に過ごしましょう。