ダイエット食品として広く知られるようになった酵素サプリ。 健康志向や美容志向が高い女性を中心に人気が高まっているようです。 酵素サプリに限ったことではないですが、こうした健康食品は医薬品ではないので、上手に使用することが必要になってきます。 ただ使用するだけでは、満足のいく効果が得られないかもしれません。

酵素サプリは体内で酵素として働かない?

そもそも酵素とは、人間の体内で作られる触媒(それ自体は変化せず、関わった物質を変化させるもの)で、私たちのが個々に持つ遺伝子情報に基づいて体内で作られます。 例えば、唾液や胃液、膵液、腸液などにも酵素は含まれ、食べ物の消化に関わるのです。 酵素サプリのユーザーの中には、このようなヒトの体内で作られる酵素と酵素サプリに含まれる酵素を混同してしまう人もいます。 酵素サプリで酵素を食べることによって、体内で酵素として働き、消化や代謝を促進するのだと考えているのです。 しかし、先にも述べたように、ヒトの体内で作られる酵素と、酵素サプリに含まれる酵素はまったく別物。 酵素サプリは、食物が発酵する過程で生まれる酵素を濃縮したものですから、ヒトの体内で作られる酵素とは違うわけです。 しかし、酵素サプリを使用することは無駄ではありません。 酵素サプリに含まれる食物性の酵素は、体内酵素の材料になったり、体内酵素の働きを良くするのです。

酵素サプリの効果はバランスの良い食生活があってこそ

前項で酵素サプリを使用することは、体内酵素のサポートにつながるとお話ししましたが、体内酵素が強化されると消化が良くなるため腸内に善玉菌が増えたり、代謝が良くなったりします。 しかし、そもそも体内の酵素は、「補助因子」と呼ばれる栄養と結合しないと働くことができないのです。 (一部、補助因子なしでも機能する酵素もありますが) 補助因子となるものは、主にビタミンやマグネシウム。 これらの栄養と酵素は結びついて初めて機能することになります。 ビタミンやマグネシウムは、加工食品やインスタント食品の摂取が多い現代人にはかなり不足している栄養です。 こういった食品は手軽で簡単ですが、その一方で、酵素の働きを悪くします。 ですので、しっかり栄養のあるものを日頃から摂ることがとても大切なのです。

生活習慣を整えることも大切

酵素をうまく働かせる上で、生活習慣を整えることも必要不可欠です。 酵素は私たちの体温が36.0~37.0くらいのときにもっとも機能すると言われています。 しかし、自律神経のバランスを崩すような不規則な生活リズムですと、血流が悪くなり基礎体温を下げることになってしまいます。