最近何かと話題になる「血糖値」。 血糖値が上がると、さまざまな疾患の原因になったり肥満の原因になったりします。 この記事では、なぜ血糖値が上がってしまうのか?それが良くないのはなぜか?さらには対処法について紹介したいと思います。

血糖値はインスリンによって調整されているが・・・

血糖値というのは、文字通り「血液中の糖濃度」の値を示しています。 食べ物から得る栄養の1つブドウ糖は、車でいえばガソリンのようなもので、私たちはブドウ糖を燃料にして体を動かしているのです。 ブドウ糖は、炭水化物や、イモ類などを含まれますが、これが脳や筋肉や各内蔵が働く原動力となるわけです。 しかし、体を動かす重要な役割を担うブドウ糖も、濃度が過剰になると、人体に悪影響です。 ですので、体内にあるホルモンが血中の糖濃度が上昇し過ぎないように働きかけをすることで適性な濃度に保たれます。 そのホルモンとは「インスリン」です。 インスリンは食べ物を食べると、即座に膵臓から分泌されます。こうして分泌されたインスリンは血中に浮遊するブドウ糖をすくいあげるように体内に取り込みます。 こうして体内に取り込まれたインスリンは、体内の各所に運ばれてエネルギーとなるわけです。 ただ、気を付けなければならないのが、インスリンは使い切れなかった糖を脂肪に蓄える働きもするのです。

血糖値が上がるとなぜ良くないのか?

私たちが食事のたびに血糖値は上がるのですが、急激に血糖値が上がるのは良くないようです。 先にも触れた通り、血糖値が上がるとインスリンが働きますが、使いきれなかった糖をインスリンが脂肪に蓄えるため、肥満を引き起こします。 知ってのとおり、肥満は成人病のもとになります。 また、血糖値の上昇が頻繁に起こることも病気のもとです。 白砂糖など血糖値を急激に上昇させるものばかり食べていると、何度も何度も血糖値が急上昇するわけですが、このように繰り返していると、インスリンによって無理やりブドウ糖を押し込まれたせいで細胞膜が弱ってしまい、炎症を起こしたりします。 細胞膜の炎症は老化の原因となるのです。

血糖値を上げないようにするためには

血糖値は急激に上昇させると健康や美容へのリスクが高くなりますし、頻度が多すぎてもいけません。 では、血糖値をうまく付き合っていくためにはどうすればよいのでしょうか? 一つには食べ方を工夫すると血糖値の急激な上昇を防げるでぜひ実践してほしいと思います。 食事は野菜から順に、ゆっくり食べることです。 野菜から食べることで、血糖値の急激な上昇が抑えられると言われています。 また、白砂糖や清涼飲料水もできれば食べたり飲んだりしない方が良いです。