女性の美意識が非常に高い現代では、次から次へとダイエット関連の商品が販売されていきますよね。 ですので、一体何が自分自身にとって有益なのか、時として迷いが出たリ、間違った選択をしてしまったりします。 最近だと、酵素関連の商品や、乳酸菌関連の商品が流行でとても人気のようです。 ですので、このページでは「酵素」と「乳酸菌」に焦点を当て、どちらがダイエットに効果的なのかをお話ししたいと思います。

酵素ダイエットの特徴

まず、1つめに「酵素」についてです。酵素は私たちの体内に生まれながらに存在または必要な時に随時生成される物質で、現時点で分かっているだけでも5,000種類あるそうです。 その1種類1種類が1つの役割だけを果たすように作られています。つまり1つの酵素は1つの作業しかできないというわけです。 店頭や市販されている酵素やネット販売されている酵素は、このような私たちが元々備えている「酵素」とは別の種類のものです。 主に、穀物や野草、果物を発酵させ、そこから生成される酵素となっています。 これらの酵素は、私たちが食べ物を食べるとそれらを柔らかく、細かく分解し、腸での吸収をしやすくしてくれます。 それによって、腸の負担は大きく減り、便秘の防止や腸内環境の活性化に繋がっていくわけです。 酵素が十分食べ物を分解した事により、脂肪に取り込まれる栄養分も減らす事もできるのですよね。

乳酸菌ダイエットの特徴

そして次に乳酸菌の働きについてお話ししていきたいと思います。 私たちの腸内には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つが共存している事は知っているのではないでしょうか? 基本的には、これらの菌の数の割合が3:1:6の比率で一緒に暮らしている状態が正常な腸内環境なのですよね。 しかし、生活習慣の乱れ、食生活の乱れ、ストレス、などの要因が引き金となって、悪玉菌の比率が増加してしまう事があります。 さらに悪い事に、日和見菌は普段おとなしいですが、日和見菌は強い勢力の菌に加担する習性があるので、この場合悪玉菌に加担する形になります。 こうして増加した悪玉菌は腸内に残っているタンパク質をエサにして腐敗物やガスを発生せて便秘を引き起こします。 そしてこの便秘が肥満に繋がっていくわけですね。 その時の解決方法としてもっとも有効なのが、善玉菌を増やす事です。 善玉菌はバランスを崩してしまった腸内菌の比率を正常値に戻してくれる働きをするのです。

ベストなのは酵素か乳酸菌か?

これまで、酵素と乳酸菌のそれぞれダイエットへのアプローチ方法をお話ししてきましたが、実は酵素も乳酸菌も目的は同じなのですよね。 つまり、「腸内環境を良くする事を目的として働く」というわけです。 ただ、その目的を果たす為の方法が違うというわけですね。 ですので、ベストなのは両方摂る事です。医学的に見ても、酵素が良くて乳酸菌がダメとかその逆もないのですよね。 むしろ、酵素と乳酸菌の両方を上手に摂る事で相乗効果が生まれ、ダイエット効果が生まれるのが早くなると思います。