酵水素328選やさいとろける温スムージーは、置き換えダイエットに効果的な温かいスムージーです。 置き換えダイエットは短期間で結果を出すことができてモチベーションが上がりますが、味に飽きやすいのも事実。 そこでここでは、酵水素328選やさいとろける温スムージーの飽きない飲み方について、私が実践してよかったアレンジ法をご紹介したいと思います。

酵水素328選やさいとろける温スムージーのアレンジ①クリームコンソメ味

酵水素328選やさいとろける温スムージーには、グルコマンナンやサイリウムといったお腹の中で膨らむ成分が配合されているため、腹持ちは良いです。 しかし、私も愛飲していますが、飲み始めて2週間くらいでだんだんと飽きてきてしまうんですよね。 そんなときにおススメなのが、酵水素328選やさいとろける温スムージーをアレンジする方法。 やさいとろける温スムージーは味がしっかりしているので、アレンジしやすいんです。 では、いろいろ試した結果、おいしかったものをご紹介します。

クリームコンソメ味でパングラタン

酵水素328選やさいとろける温スムージーはとろみが強いので、それを生かしたアレンジ方法です。
  1. 少な目のお湯でやさいとろける温スムージーを溶かす。目安はクリームシチューぐらいの固さで。
  2. 一口大のフランスパンかバケットを器に敷き詰める。ブロッコリーやジャガイモをプラスするのもおススメ。
  3. 器に1で溶かしたやさいとろける温スムージーをかける。
  4. 粉チーズをかけて、オーブントースターで10~15分焼いて出来上がり!チーズは高カロリーなので控えめに。
作り方は簡単ですが、かなり満足感が得られるおススメの食べ方。 ダイエットを続けているとときどき無性に「食べたい」欲求が爆発してしまいますが、そんなときにピッタリのアレンジ法です。

酵水素328選やさいとろける温スムージーのアレンジ②トマト味

酵水素328選やさいとろける温スムージーのトマト味は酸味が控えめなので、それを生かしたアレンジ方法です。 ミネストローネ風野菜スープ。 こちらはカップにお湯を注ぐのではなく、鍋で作ります。
  1. 好きな野菜を細かくカット。ソーセージやベーコンを使わず、ニンジンやゴボウ、セロリなど歯ごたえのある野菜を使うとヘルシー。
  2. 鍋にオリーブオイルを小さじ1程度入れ、1の野菜を炒める。
  3. 野菜に火が通ったら、水を入れる。このとき刻みショウガを入れると、ポカポカ度アップ!
  4. 10~15分ほど煮込んだら、火を止めて酵水素328選やさいとろける温スムージーを入れる。水の量によって、入れるやさいとろける温スムージーの量を調節してください。
  5. 味を見て、コショウを足す。塩は入れません。小さじ1くらいのケチャップを入れてもおいしい!
こちらは歯ごたえのある野菜を使うのがポイント。 よく噛むことによって満腹感を得られるほか、風邪気味のときも、野菜がたくさん摂れて体が温まるのでおススメです。