30代過ぎて、痩せにくくなったと感じる人も多いでしょう。 10代20代は食べ過ぎて体重が増えたとしても、落とそうとすれば落ちます。 ですが、30代に入ってくると太りやすく痩せにくい体質に変わってくるのです。

なぜ30代になると痩せにくくなるのか

痩せにくくなる一番の原因は、基礎代謝の低下です。 基礎代謝とは、一日なにもせず寝ているだけでも消費されるカロリーの事です。 基礎代謝量は10代から20代前半までが増加のピークでその後徐々に減少します。 そのため、ピークの頃と同じ生活をしていたとしても消費されないカロリーは残ります。 さらに、30代40代になるとライフスタイルも変わってきます。 仕事や子育てに追われて外で身体を動かしたりすることも減ってくるでしょう。 消費量を上げるためにも、軽いウオーキングなどを毎日の習慣にするといいですね。 30代後半から減少してくる女性ホルモンの影響も原因になります。 女性ホルモンの「エストロゲン」は脂肪の代謝を助ける作用があります。 エストロゲンの分泌量が減ると、脂肪の代謝が悪くなり内臓脂肪がたまりやすくなってしまいます。 その結果、太りやすい体質になってしまうのです。 減ってしまったエストロゲンは増やすことができません。 ですが、似た働きをしてくれるのが大豆イソフラボンです。 イソフラボンは、脂肪の代謝を助ける働きがあるため減ってしまったエストロゲンの分を補ってくれるのです。

太りにくい体質を作るには

太ってしまう一番の原因はお話した通り、基礎代謝量の低下です。 ですから、簡単に言えば基礎代謝量を上げれば良いのです。 基礎代謝を上げるには筋肉量を増やすことです。 軽いジョギングや筋トレなどを続けることで徐々に筋肉はついてきます。 食事もとても大事です。 一日三食、バランスの良い食事をとってください。 ダイエットのためと過度に食事量を減らしては逆効果になります。 体が飢餓状態になり、必要以上に脂肪を溜めこんでしまうので注意しましょう。 そして、ホルモンバランスを保つためにも規則正しい生活習慣を身につけましょう。 ホルモンバランスが崩れると、基礎代謝も低下します。 脂肪分解も鈍くなり、太りやすくなってしまいます。 10代の頃と30代過ぎてからでは、体の体質は大きく変わっています。 ダイエットをするにも、やり方は違ってきます。 痩せにくくなる原因を知り、自分に合った体作りをしましょう。