腸内環境が良い状態であれば、老化防止になったり、痩せにくかったり、精神的安定もキープできると言われています。 腸内には善玉菌と悪玉菌と日和見菌が存在していて、善玉菌の数が優勢だと腸内環境も良いとされ、逆に悪玉菌の数が優勢だと腸内環境は悪いとされています。 ですので、腸内環境を整える上で欠かせないのは善玉菌なわけです。

善玉菌を増やす方法とは?

善玉菌を増やす1つの方法として、体外から善玉菌を摂り入れるという方法があります。 スーバーやコンビニに行くと「生きた善玉菌が腸まで届く・・・」がうたい文句のヨーグルトやドリンクがたくさん販売されていますし、ネットでも善玉菌を配合したダイエットサプリメントなどがたくさん販売されていますよね。 このような善玉菌入りの食品を日々摂り入れる事は当然、腸内の善玉菌を増やすのにもっとも効果的なのは言うまでもありません。 それに加えて、善玉菌を増やすのを手伝ってくれる「酵素」を同時に摂るようにすると、もっと効果的です。

酵素とは何か?

「酵素」は私たちが肉眼で見る事はできない事もあり「“酵素”という言葉は知っていても、実態は何なのか分らない」という人はかなり多いです。 酵素とはそもそもたんぱく質の一種で、体の中で起こる化学反応に解媒する物質です。この作用で私たちは内臓を動かせたり、思考を働かせたりできるんですよね。 ですのでつまり、腸の蠕動運動などにも酵素の解媒が関与してるのです。 これを総じて「代謝酵素」と呼びます。

代謝酵素を活性させると善玉菌が増える

代謝酵素は腸の運動の起点になります。逆に言うと、代謝酵素なしでは腸は運動する事ができません。 ですので、代謝酵素が活性していると腸の運動量は増えます。腸の運動量が増える事は腸内の善玉菌が増える事を意味します。 なぜなら、腸の収縮運動が活発だと、腸内の便が滞る事なくどんどん排出されていくので、善玉菌が住みやすい環境になるからです。 もし、腸内に便がたくさん滞ってしますと、腸内はアルカリ性になり、悪玉菌が活動しやすい環境になってしまうのですよね。 このような理由で代謝酵素は善玉菌を増やす事に繋がるわけです。

代謝酵素を活性させると善玉菌が増える

腸の運動の起点となる「代謝酵素」は、実は食品などから直接摂り入れる事はできません。 なぜなら、代謝酵素は私たちの体内でしか作られませんし、そもそも私たちのDNAの設計を基にして代謝酵素は作られるからです。 でも、代謝酵素が作られる原料を体外から摂る事はできます。 生野菜とかフルーツ、発酵食品には、私たちがの体内で生成される代謝酵素とは違いますが、食物性の酵素が豊富に含まれています。 これらは代謝酵素に成り代わる事はできませんが、代謝酵素はこのような食物性の酵素の含まれるタンパク質などを原料にして生成されるわけです。 また、同時に食物酵素は胃での分解を助けるので、腸内に悪玉菌のエサとなる消化不良の食べ物を送り込まないで済みます。 このような事から、酵素を摂る事は腸内環境を整える有効な手段と言えるのです。