いつの時代も女性を悩ませてきた便秘。女性のほとんどは便秘を少なからず経験してきたのではないでしょうか? スリムなプロポーションを作る上で便秘の排除は欠かせません。 なぜなら、便秘は体の代謝を低下させてしまうことに繋がるので、便秘を放っておくと太りやすい体質になってしまうのです。 では、便秘の原因は何なのか?それを改善する方法にはどんなものがあるのかをお話ししたいと思います。

便秘の原因は腸の機能の低下

一口に便秘といっても、人それぞれ原因は様々です。 しかし、便秘の人に共通していることは、腸内環境が悪い点です。 腸内環境が悪いと状態とは、腸内に悪玉菌が繁殖している状態で、悪玉菌が有毒なガスを発生させていたり、腸内の食べ物のカスを腐敗させていたりしていて、腸の機能を低下させています。 これが原因で腸の運動量が低下してしまい、便を体外に出す力が不十分で便秘になってしまうのです。 しかし、こうした悪玉菌の仕業以外のことでも、便秘になってしまうケースがあります

腸のむくみが便秘を引き起こす場合がある

女性であれば、手足のむくみを経験したことがあるのではないでしょうか? アルコールをたくさん飲んだ次の日は、顔がパンパンになってしまうことがあると思いますが、心当りがなくてもなぜか手足や顔がむくむことがあると思います。 むくみの原因は一言でいうと“血行の悪さ”です。 私たちの細胞には、水分が含まれていますが、このような水分は古くなると老廃物として血液中に回収され、やがて体外に排出されていきます。 しかし、水分の回収役を担っている血液の循環が十分でなかったらどうでしょうか? いつまで経っても細胞内に余分な水分が滞ってしまうので、細胞が膨張してしまうことになります。 これがむくみとなって表れるのです。 実は、この現象が腸にも起こることがあります。腸が余計な水分を溜め込んでしまい、それがスムーズに排出されず、腸がむくんでしまうということです。

腸のむくみを改善する方法は?

腸がむくんでしまうと、重量も増すので、腸の運動量が低下することになり、その結果、便の排出機能が低下して便秘になることがあります。 改善方法はないのでしょうか? それは、血行を改善することで改善することができます。 適度な運動は筋肉量を増やし、それがポンプ役になるので、血流が良くなります。 また、生活リズムを整えたり、ストレスのない生活を送ること、バランスの良い食生活を送ることは血流を改善します。 善玉菌を摂ることも腸の運動量を促進することになります。