私たちの体は、普段私たちが口にする栄養をもとに作られています。 そう考えると、私たちにとって食事はとても大切です。 ダイエットに関していえば、何を食べるか、さらには食事の回数やタイミングが、太る痩せるを決めることになります。

食事の回数を1回減らすとよい?

ダイエットをする場合、食事の回数を減らせばカロリーの摂取量が減るのでダイエット効果があると考える人は少なくありません。 しかし、ダイエットに本当に効果的なのは、朝、昼、夜の3食をしっかり食べることです。 その代わり大切なポイントがいくつかあります。 この3食の中でもっとも重要視すべきは、朝食です。 私たちの体内には交感神経と副交感神経があり、日中は交感神経が優位に、逆に夜間には副交感神経が優位になることで、バランスが取られていて、適正なタイミングで代謝が行われています。 要するに、体内時計が機能しているから代謝が正常に行われているわけで、その代謝により体内のカロリーは消費されているわけです。 実は、朝食をしっかり摂ることは、体内時計のリセットにつながり、交感神経を刺激することになるのです。 今朝食を抜くという人はとても多いですが、この場合、体はリセットがうまくできず、代謝が上がりにくいのです。

食事のタイミングがとても重要

ダイエットをする上で食事のタイミングはとても重要です。 私たちの体内には、ビーマルワンというタンパク質が存在します。 このビーマルワンは体内で分泌されると、体に「脂肪をためよう」という内容の信号を出すのです。 ですので、ビーマルワンが盛んに分泌されている時間帯に栄養を摂ると、脂肪として蓄積されやすくなってしまうのです。 ビーマルワンは20時を過ぎるとどんどん増えていきます。 ということは、20時以降に食べ物を食べると、脂肪になりやすいということになるわです。 ですから、理想は19時くらいには夕食を済ませているのが望ましいです。 要するに、食事のタイミングはダイエットをする上でとても重要になってきます。

夕食が遅くなってしまう場合はこんな工夫も

前項で、食事のタイミングについてお話ししましたが、仕事や家事の都合上、夜7時に夕食を摂ることが難しい方もいるのではないでしょうか? そのような人におすすめなのが、分食です。 先にもお話ししたように、夜20時くらいからどんどんビーマルワンが分泌されてしましますので。 ですので、お腹が空いたからと言って、それ以降にドカ食いをしてしまうとすればダイエットには致命的です。 それを防ぐために、夕方におにぎりを食べるなどしてある程度お腹を満たしておくことです。 こうした工夫により夜20時以降に食べる量を最小限に抑えることができますから、とても有効です。