今酵素ダイエットが流行っていますが、やってみたものの「痩せないよ~!」という声も多いようですね。 手軽に始められて、すぐに痩せる!というのが売りの酵素ダイエットですが、実は、意外と知られていない注意点がいくつかあるのです。 ここでは、その注意点の1つ、食品添加物についてです。

食品添加物が痩せない理由だった?!

昨今、食生活が便利になり、スーパーやコンビニで手軽に加工食品を購入できるようになりました。 お弁当など、買ってすぐに食べられるのでとても便利ですが、残念ながらそこにはたくさんの食品添加物が入っています。 実は、この食品添加物が酵素ダイエットで痩せない理由かもしれません。 食品添加物は、私たちの体の中に入ってきた栄養素を壊してしまいます。 食品添加物を食べると、体の中で活性酸素というものが発生します。 活性酸素は酸素の酸化力が強くなったもの。 この活性酸素は通常の量なら特に問題はないのですが、食品添加物などにより活性酸素が大量になってしまうと、血管や細胞を傷つけ、最終的には病を発症させてしまいます。 そうならないために、体は頑張って、活性酸素をやっつけようとしてくれます。 このやっつけようとするものが、酵素に含まれている抗酸化作用のある栄養素なのです。 酵素ダイエットは、酵素を摂ることにより、代謝をアップさせ痩せやすい体にするダイエットです。 しかし、せっかく酵素ダイエットで酵素をたくさん摂っていても、食品添加物がたっぷりの食事をしてしまうと、酵素は食品添加物をやっつけるためだけに使われてしまい、ダイエットにまで手が回らないという状態になってしまうのです。

酵素ダイエットの秘訣は酵素を上手に働かせること

抗酸化作用の高い栄養素は、主に
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE
・・・となります。具体的な食品をあげると
  • バナナ
  • かぼちゃ
  • にんじん
  • キャベツ
  • 大豆
  • しょうが
などです。 抗酸化作用の高いものを食品で摂取しようとすると、品目も多くなってしまいますし、金銭的にも大変です。 そこで、有効なのが酵素サプリや酵素ドリンクです。 酵素には抗酸化作用のある栄養素がたくさん入っています。 しかし、先ほどご説明した通り、気をつけないとこの豊富な栄養素を無駄遣いしてしまうのですね。 酵素ダイエットをしても痩せない!と悩んでいる方は、一度食生活を見直してみましょう。 現代社会ですべての食品添加物を排除することは難しいですが、意識することでその量が確実に減らすことができます。