善玉菌って腸内でどんな働きをするの? ダイエットや健康、美容にも大きく影響する「善玉菌」。 善玉菌が悪玉菌より優勢な状態で腸内環境が成り立っていないと、下痢や便秘や体調不良、太りやすくなる、お肌が荒れるなど、本当にたくさんの悪い影響が出てきます。 そもそも悪玉菌が優勢な腸内環境は、癌などの深刻な病気を引き起こすリスクがあります。 でも、なぜ善玉菌が悪玉菌より多いと良いのでしょうか? 善玉菌は一体腸内で何をするのでしょうか?善玉菌と悪玉菌の事は知っていても、実際に詳しく説明できる人はすごく少ないです。 ですので、このページでは、善玉菌の働きについてお話ししたいと思います。
【おすすめ記事】ラクビで痩せるか逆に太るか?!2か月間にわたる体重測定の結果

善玉菌は人生を左右する

昔の日本には、今の時代のような生活習慣病はほとんどありませんでした。 しかし、開国後、食の欧米化が急激に進み、日本人も高タンパクで高脂質の食べ物をどんどん食べるようになりました。 そして、忙しい現代人はスーパーで買った即席の食べ物で食事を済ませたり、ジャンクフードや手軽に食べられる添加物の多い食品を食べるようになりました。 事実、こうした事が成人病の大きな原因の1つです。 これには腸内菌が関係しています。昔と違って現代人の腸内環境は成人病を引き起こすリスクを抱えるようになったのです。 ですので、腸内環境をきちんとした状態にしておく事は私たち自身の人生を左右すると言っても過言ではないのです。 腸内環境と整えるには、善玉菌を取り入れる事です。このような意味で善玉菌は私たちの人生を左右するわけです。

善玉菌は何をするの?

善玉菌は乳酸菌やビフィズス菌に代表される細菌です。ヨーグルトなどにたくさん含まれていますよね。 私たちが住む世界には“菌”がたくさん存在してますが、この菌たちの生きる目的は“繁殖する事”です。 善玉菌も同じです、善玉菌は自分たちがどうしたら繁殖できるのかを考えて生きています。 この繁殖の過程で善玉菌が生み出すものが私たちの腸内環境を良くするという事なんです。

善玉菌の代謝物とは?

代謝とは、何かを食べて別の物を作り出す事です。例えばニワトリは草などを食べて栄養を吸収し、卵を産みますよね。 こうして造られた卵は“代謝物”と言えます。 じゃあ、善玉菌はどんな代謝物を生み出すのかと言うと「乳酸菌生産物質」と呼ばれるものです。 この乳酸菌生産物質が腸内菌のバランスを正常にし、免疫作用に働きかけをおこなって健康を維持させます。 善玉菌はこのように、私たちの生命の維持には欠かせない「乳酸菌生産物質」を生成します。 だから、常日頃から善玉菌を増やす食生活や生活習慣を心がける事が大切なのです。